デトランスアルファ危険って本当?使い方を間違えなければ大丈夫!

汗止め液として優秀万能なデトランスα(アルファ)。使ったことない人が調べていくと”デトランスアルファ危険”という言葉が出てくることに心配になると思います。

正直なところ、デトランスアルファは正しい使い方をすれば、まったく危険ではありません。

デトランスαに出会って長年悩んできた汗の悩みがなくなったという人も多くいます。汗に困っている、悩んでいるならぜひ一度試してみてほしいと思います。

※デトランスαという商品とパースピレックス(Perspirex)という商品は同一商品です。偽物でもありません。パッケージが違うだけの同じ商品です。


デトランスアルファ危険はウソか本当か?

デトランスαは危険なの?安全なの?ということについて詳しく見ていきたいと思います。

実際ネットを見ると、デトランスαに限らずどんな商品でも「危険」「効かない」「成分」などネガティブな言葉が一緒に検索されています。

日焼け止めとかも危険という文字と一緒によく検索されています。 デトランスαも危険なのではないか?、ということで良く検索されて、心配している方もいるようです。


結論から言うと、

デトランスアルファは危険ではありません!


デトランスα(パースピレックス)は塩化アルミニウムという成分効果で汗腺をブロックします。

【塩化アルミニウム】という文字に、皮膚に使用するのは何か危ないことがあるんじゃないか?と考えるのだと思います。また、かゆくなることが危険なのものなのでは?ということもありますね。

デトランスαの成分の塩化アルミニウムは人体に影響があるのか?

実は、ファンデーションや日やけ止めにも、「酸化チタン」、「酸化亜鉛」、「酸化鉄」といった金属に由来する成分が含まれています。それを聞くと目、鼻、口がある顔にベッタリ塗っても大丈夫?と思いますがほとんどの女性が問題なく使用されているかと思います。

塩化アルミニウム液は欧州ではごく一般的に制汗剤に使用

されていて、日本でも数年前に医薬部外品として売られるようになりました。日本の医薬品に対する認可が非常に厳しく、遅れているのが原因です。

昔は塩化アルミニウムは乳がんに影響があるだ、アルツハイマー病に影響があるだ、など言われていたことがあるようです。もう40年以上前の話です。現在では、アメリカ、カナダなどの保健機関が安全性について公言しています。

塩化アルミニウム液は長年の研究から

「人体に危険ではない」

と言うことが分かっています。

実際、塩化アルミニウムは頭にも使えます。理論上は、おでこや、顔にも使用できますが、使い方をしっかり守ることが大事です。


塩化アルミニウムで感じるかゆみが危険?

塩化アルミニウム液のもう一つのデメリット部分に「かゆい」というものがあります。

デトランスαの口コミでも言われることですが、これが一番の短所です。

デトランスαを利用して、汗止めの効果がなく、かゆみや赤みだけだった方からしたら、デトランスα危険というイメージになってしまうのは当然です。塩化アルミニウムはとても優れた制汗効果がありますが、ひとつデメリットと挙げれば「かゆくなる」ことでしょう。

けれど、デトランスαのオリジナル商品パースピレックスの公式ページで、かゆみは1回、2回目の初めて使った時に発生しやすく、続けてると軽減されていくとも書かれています。何度か使用は試みて、あまりに肌に合わなかったら使用するのは止めるようにしてみましょう。

正直なところ、デトランスアルファは多少の痒みを我慢しても使うほどの価値がある汗止め液だと思います。@コスメの口コミでは、100件以上の口コミがあり「汗が信じられないくらい止まった」「すきな服が着れる」など肯定的な口コミだらけです。


デトランスαは正しい使い方を守ることが大事

デトランスアルファ危険

 あなたが汗に悩んでいたら、一度はデトランスαを試してみてほしいと思います。


かゆみを抑えて正しくデトランスアルファを使おう

まず、危険と言う観点から使い方を見ていきましょう! デトランスアルファを使用することで、一つだけ気を付けたいことがあります。 それは、

「かゆみ」

です。

塩化アルミニウム液はこのかゆみが伴い、これが嫌だという人も一定数います。つまり、少なからず刺激強めということ。

本気で汗に悩んでいる人は、汗よりもかゆみのほうがマシと思えますが、制汗力の強いものとして使った場合は、かゆみが気になると思います。もしも、あまりにもかゆみがひどい、ただれる、真っ赤になる場合は使用をやめましょう。 また、

  • シェービングをした後
  • 剃刀をしたあと
  • 皮膚に異常や怪我がある

このような場合は絶対に使用しないようにしましょう。

これはデトランスアルファに限らないです。この症状を治す薬以外はどんな薬でも使用しないことです。塩化アルミニウムとしては同じ皮膚ですので、顔に使用することもできます。

しかし、顔は目・鼻・口と言った粘膜や体に直接入ってしまう部位になりますので、使用は推奨されていません。 それでも顔汗を止めたいという場合は、液が垂れないように十分注意して使用してみてください。また使用量は少な目に調整しましょう。

汗は体温の上昇を下げて熱中症の予防にもなりますので、汗が止まるからと言って、体中使うようなことはいけません。デトランスαの汗止め効果はとても強力ですので、部分的に発汗を止めるという利用方法を守りましょう。


購入は公式ページがおすすめです

公式ページだとおまけキャンペーンなどがありますので、初めて買う場合はデトランスαの公式ページがおすすめです。敏感肌用もセットでついてくるので、あなたの肌がどちらに合うかもチェックすることができますよ。

大事に使えば2~3か月は使うことができますので、1年間トータルで考えても脇汗対策をデトランスαに頼るのがベストな方法です。

公式ページ 今ならお試し敏感肌用プレゼンデトランスアルファ危険って本当?使い方を間違えなければ大丈夫! 2

デトランスαワキ用デトランスアルファ危険って本当?使い方を間違えなければ大丈夫! 3

あなたにおすすめ記事 → デトランスアルファがかゆい場合の原因や対策は?

役立ったら是非シェアを!

気軽にコメントください♪

コメントを入力してください
名まえを入力してください