デトランスα情報まとめ 危険は誤情報!効果、使い方、癌、アルツハイマー影響について

本記事はデトランスαで公開されている情報をまとめたものになります。海外の公式ページで公開されている情報を日本語で説明していますので正確な情報となります。

デトランスαのオリジナルの商品はパースピレックス(Perspirex)ですが、海外の商品ですので公式ページが日本語ではありません。こちらに海外のPerspirexの公式サイトを翻訳しながら、デトランスα危険、使い方、癌、アルツハイマーなど、よくネットで調べられることがらについてまとめています。

良い商品はしっかり理解して使用してほしいと思います。汗に悩むならデトランスα(パースピレックス)はおすすめの制汗塩化アルミニウム液です。


どのようにしてデトランスα(パースピレックス)は効くの?

デトランスα(パースピレックス)は、塩化アルミニウム6水和物という有効成分のおかげで、とても効果的に働きます。

塩化アルミニウム6水和物は、

汗管の中で水とケラチンが反応して、汗が皮膚表面に届くのを防ぐジェル状の栓を一時的に形成

します。

こちらの動画がとても分かりやすく解説しているものです。絵を見るだけでも理解することができるでしょう。

アクティブスキンケアシステムが皮膚のかゆみやかぶれを最小限に抑えて、減らし「効果の高い制汗剤」として知られています。


どうしてデトランスα(パースピレックス)はアルコールを含んでいる!?

デトランスα(perspirex)は、以下の利点からアルコールを含んでいます。このアルコールが痒みを引き起こすと誤解もあるようですが、かゆみの原因はアルコールではありません。

  • 皮膚をキレイに、消毒するため
  • 臭いの抑制のため
  • アルコールは消毒するため、余計な保存料が必要なくなるため
  • アルコールは蒸発が早いので乾いた皮膚にできる
  • 脱脂することで皮膚でむらなく機能される

最近は手の消毒液が飲食店などいろいろなお店などにあると思いますが、そんなに痒くならないと思います。アルコールのおかげで皮膚を殺菌・消毒してくれるんですね。


どうしてデトランスα(パースピレックス)はそんなに効果がある?!

デトランスα(Perspirex)の有効成分は塩化アルミニウムです。

塩化アルミニウムは、汗管(汗腺)の中にある程度の時間持続するジェルプラグを形成するのに非常に効果的な成分です。その効果は文献や臨床試験で語られてきました。

塩化アルミニウムは皮膚のかゆみを引き起こすので、かゆみをできるだけ軽減するようにアクティブスキンケアシステムという配合成分が開発されています。このデトランスαの配合は特許取得された秘密のレシピなのです。この肌ケアの技術が肌のかゆみを減らしてくれています。

このスキンケアシステムとは、塩化アルミニウム液を塗布することで汗腺のpH(ペーハー)レベルが下がりますが、特殊配合された塩化アルミニウム液がpHレベルを最小限にする工夫がされているそうです。

このpH管理が痒みを抑えることになっています。こちらの記事で含まれている成分について解説しています。→ 解説記事を見る


どうしてデトランスα(パースピレックス)は夜に使用すべきなの?!

汗腺は夜に一番活動がおとなしくなります。その結果、汗腺の中の水分レベルが低く、汗管に効率的にジェルプラグを形成します。これが汗と臭いに対する一定期間続く予防となります。 普通の制汗剤のようにお出かけ前に塗布してしまう人も中にはいるようです。。。この場合、効果はゼロに等しいです。もったいないですね。

必ず塗布後に6~8時間汗をかかない状態にしましょう。その状態はつまり寝ているときです。

塗布部を綺麗にして、デトランスαを塗る、しっかり乾かす(ドライヤーもOK)、寝る、起きたらふき取る、この繰り返しを3~7日間毎晩します。

必ず効果がでてくるはずです。


どのくらいの量のデトランスα(Perspirex)を塗布すればいい?

薄い膜をはるように1回上下に2回少量を、乾いた正常な皮膚に塗布します。

(毛の生えている)脇の中心から均等に塗布します。これを数日続けて効果が表れてきます。3~5日続くでしょう。

肌が弱いと自覚がある場合は、少しずつ始めてみましょう。ちょっとの量でも汗がピタッと止まる場合がありますので、そしたら使用をお休みします。敏感肌用を使うのもよいでしょう。


もしも皮膚がかゆくなったら何をするべき?

いくつかの場合で、デトランスα(Perspirex)は皮膚のかゆみを引き起こすかもしれません。もしも、そうなったら使用をやめることをおすすめします。

ほとんどの皮膚のかゆみは一時的で、初めてか2回目の塗布の後に起こります。しかし、かゆみが続く、アレルギー反応がある場合は、使用はやめたほうが良いでしょう。

市販のかゆみ止めを塗って対策する方法もあります。こちらのかゆみ止めがおすすめです。



普通のデオドラントや香水は使える?

はい、もしも使いたければ普通の香りのするデオドラントや香水を使うことができます。

これがデトランスα(パースピレックス)の効果に影響を与えることはありませんのでご安心ください。


デトランスαは妊娠中や授乳中にも使える?!

はい、デトランスα(パースピレックス)は、妊娠中また授乳中でも安全に使えます。

デトランスα(パースピレックス)を含むコスメ商品は基本的にヨーロッパコスメティック規制(1223/2009)の対象です。この規制は、普通の条件で使用された状況の中で人間の健康に害を与えないことが条件になっています。

すべての商品は市場に出回る前に、正規に認定された安全検査官によって安全評価が実施され、この評価は成分が含まれる理由、その商品にその成分を使用する意図をしっかり説明する必要があります。

ヨーロッパコスメティック規制(1223/2009)の要求に従って、人体への使用に安全であるものが含まれたコスメ商品だけが、ヨーロッパのお店に置かれます。夏場はブラジャーが暑かったり、胸のところで汗をかくことが多いと思います。その場合に妊娠中でも使用することが可能です。

日本よりもしっかりした規制の下で販売さえていますので安心して使って大丈夫です。

ただし、個人的な意見ですが、胸(おっぱい)に使う場合は、手汗用に発売されているパウダータイプの制汗剤のファリネの使用をおすすめします。→ 7大成分たっぷりfarine【ファリネ】デトランスα情報まとめ 危険は誤情報!効果、使い方、癌、アルツハイマー影響について 2


デトランスアルファ(perspirex)の使用で乳がんになることはある?

いいえ、制汗剤のアルミニウムが乳がんのリスクを増大する証明はされていません。

これは、制汗剤の使用と乳がんに関してかかわりがないことが、2014年に証拠として論評が確認されました。 また、米国癌協会によると、疫学的な研究が存在しなく、乳がんと制汗剤との統計学的な関連性はないという報告がされています。

ネットの中途半端な情報や、ちょっと怖い表現で他の商品へ誘導しようということから、正しいことが伝わっていない場合があります。直ちに何か問題になるようなことはデトランスアルファではありません。一つあるとしたらこれまでも言っている「かゆみ」だけの問題です。


デトランスα(パースピレックス)使用からアルツハイマーの危険性はある?

いいえ、ありません。

しかし、一番最初の研究はアルツハイマーの病気とアルミニウムの毒性は関わっているとされていましたが、この関連は、40年以上前から続けられている研究にも関わらず証明されていません。

USアルツハイマー協会は、皮膚がアルミニウムにさらされることがアルツハイマー病を促進させるリスクを増やす証拠がないと主張しています。

研究団体は、アルミニウムがアルツハイマー病を悪くする主要なリスクの要因ではないと確認しています。環境衛生団体はこれをWHO、米国国立保健研究所、米国環境保護局、カナダ保健省と情報共有しており、長く研究されています。

汗を止めるレベルのデトランスαでアルツハイマーを引き起こすことはありませんので、安心して使ってください。  


デトランスαの購入は実は公式ページが一番おすすめ

公式ページってなんだか高いイメージがあると思いますが、デトランスαの購入は公式ページがおすすめです。

なぜなら、普通肌用と敏感肌用のお試しがついてセットで2900円だったり、定期便にすることで紹介が2本セット999円などと非常に最初のハードルをさげてくれています。

個人的には最初から定期便ではなくて、普通肌用、敏感肌用セットがおすすめです。そのあと肌にあったものを購入すればいいですからね。

2個セットでお得!普通肌用と敏感肌用が1個の値段で買えます!!
↓クリック↓

デトランスαワキ用デトランスα情報まとめ 危険は誤情報!効果、使い方、癌、アルツハイマー影響について 3
役立ったら是非シェアを!

気軽にコメントください♪

コメントを入力してください
名まえを入力してください