お尻の汗対策で服も気になるし不快!ムレと汗対策におすすめはこれ!

お尻汗

座った時やお尻の汗に悩んでいる人も意外といるかと思います。

私も緊張したり、暑い時に蒸れやすいパイプ椅子などに座るとお尻の汗が気になります。。明るいグレーなどの学生服(制服)などの学生さんも気にする人も多いんじゃないかと思います。

ショーツの中に汗をかくと臭いも気になります。スソガとも言われています。お尻の汗でのムレ対策、臭い対策におすすめ商品もご紹介します。

お尻の汗について

汗や顔汗、手足汗などは多汗症の部位として良く知られていますが、汗腺は全身にありますので、もれなくお尻にもあります。

 

汗腺の量や部位は個人差がありますので、お尻に汗をかかない人や、座った時に汗が気になる、緊張するとお尻汗が気になるという人は一定数いらっしゃいます。

お尻に分布する汗腺は、脇汗/腋臭に影響するアポクリン腺ではなく、エクリン汗腺になりますのでニオイの心配は少ないです。ですが、パンツとして服と密着する部分ですので、自分の不快感はなかなかのものです。。。

特に女性でお尻に汗をかきやすい場合、パンツスーツやスーツで座った時など、服の汗も気になるところです。薄いグレーなどの服だと汗を結構かくと、ちょっと色が変わっちゃう場合もあり、人から見られていないか気になります。

お尻はエクリン汗腺が多い場所ですが、股の方(デリケートゾーン)へいくとアポクリン汗腺が分布する場所になります。これが原因でデリケートゾーンの臭いの原因になります。スソワキガ(スソガ)と言われてます。

尋常じゃないほどのお尻だけの多汗症の場合は、多汗症を専門にしている皮膚科などに一度見てほらうほうがよいですが、お尻のムレやデリケートゾーンの臭いは、専用でデオドラントで対策ができるので一度試してみるのが良いでしょう。

もう心配いらない!お尻の汗や臭いを抑えるおすすめの方法は?

えば、スーツを着た入社する面接、イスはビニールのパイプ椅子。そしてお尻の汗かき…。こういう場面で、お尻が汗かきの人は、スーツがお尻にくっつく感じ、汗が染みてないかなーという不安がありますよね。

分厚いジーパンでも汗をかくときは気になります。そもそも服とか関係なく、お尻の汗は不快なんです。太ももの汗がくっつくものとっても不快です。

分厚いショーツのようなもので対策も販売されていますが、分厚い下着を来て対策というよりもう少しスマートな対策をできたらいいと思いますよね?

お尻の汗を抑えるおすすめの方法について

お尻の汗っかきを抑える方法は、なかなかドラッグストアなどの市販の制汗剤だと対策が難しいところがあります。

塩化アルミニウムという汗腺そのものを塞いでしまう多汗症の方向けの制汗剤もありますが、お尻の皮膚は柔らかく刺激に強い方ではありませんので、塩化アルミニウムの使用はあまりおすすめはしません(かゆみが伴うと思いますが効果はあります)。

その代わりに、【デオエース】という欧州発(ポーランド)のデオドラントの利用をおすすめします。

アルコールフリーの全身に使えるデオドラントで、制汗レベルは同じ欧州発(デンマーク)のパースピレックス(デトランスα)という商品には適いませんが、一般的に売られているものよりも制汗能力が高めです。

デオエース全身の汗対策

この商品の特徴は朝に塗るタイプではなく、寝る前に塗って汗腺に蓋をするタイプになりますので、朝起きて使ってすぐ効果が出る商品ではありません。これは塩化アルミニウム液と同じ使い方です。

お尻の場合は、塗ってすぐパンツや服を着るとついてしまうので、ドライヤーで乾かして使うようにします。


もっと詳しく見る ⇒ 夜塗るだけで翌日サラサラ【デオエースEXプラス】

デリケートゾーンの臭いを抑えるおすすめの方法について

おすすめは、お尻、デリケートゾーン対策の専用デオドラントを使用することです。

正直、お尻やデリケートゾーン、オマタ部分に制汗スプレーや脇用のクリームなどを塗るのは少し抵抗がありますよね。臭いがつよくなったらどうしよう、痒くなったらどうしよう、って心配もあります。

なので、ちゃんと専用に開発されたものを利用されるのが良いでしょう。

【デオシーク】という商品は、デリケートゾーンの汗や臭いの悩みに大変おすすめの商品です。

デオシーク

  • デリケートゾーンの臭い
  • アンダーヘアのムレ

この悩み対策ができます。

デリケートゾーンが匂うからと言って無理にたくさん洗うことも禁物ですよ!!!必要な油脂まで洗いすぎると、乾燥を補うためにもっと皮脂が分泌されてしまうからです。過剰になった皮脂はもちろん臭いの原因です。

そこで大事なのが、ふんわりと優しく洗ってあげて、匂いの原因となる菌を増殖させないことにつきます。

【デオシーククリーム】の有効成分は「パラフェノールスルホン酸亜鉛」と「イソプロピルメチルフェノール」という成分です。

「パラフェノールスルホン酸亜鉛」は、「収れん剤、殺菌剤、消臭剤」の役割を担っていて、汗の中のタンパク質と反応して金属塩を作り汗腺を塞ぐ効果があります。制汗効果はこちらの成分によるものです。

「イソプロピルメチルフェノール」は、デリケートゾーンの臭い(スソワキガとも言います)やワキガの原因と言われるコリネバクテリウムという雑菌の殺菌効果があります。

デリケートゾーンにはワキにも分布するアポクリン汗腺が非常に多い部分になり、またあまり通気性の良くない場所になりますので、不快な臭いを発しやすい場所です。

お風呂に入った直後からこのワキガ菌と言われるコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌は繁殖し始めます。ですので、お風呂を上がった夜から【デオシーククリーム】を利用することを強くおすすめします。

デオシークの定期コースなら、デオシークのボディソープも付いてくるので、このボディソープで優しく洗って、クリームを塗れば、デリケートゾーンの汗の悩みは解決できるでしょう。


もっと詳しく見る  ⇒ デオシークデリケートゾーン用を詳しく見る

デオシークお尻の汗対策で服も気になるし不快!ムレと汗対策におすすめはこれ! 1
役立ったら是非シェアを!

気軽にコメントください♪

コメントを入力してください
名まえを入力してください