オドレミンの副作用はかゆいだけ?臭いや効果の検証結果は?

オドレミン画像

汗を止めるのに効果的な塩化アルミニウム液の一つで、オドレミンという液があります。

オドレミンの副作用はどんなものがあるのでしょうか?オドレミン自体の臭いや、オドレミンによって脇の臭いなどは減らせるのでしょうか?

汗の減少や臭いへの効果などの検証結果を報告します。

オドレミンの副作用はかゆいだけ?

ドレミンを使用することで生じる副作用について心配になりますよね。
塩化アルミニウムって聞くと何か皮膚に悪い気がする、汗腺にフタをするって何か副作用がでるんじゃないか、と気になると思います。

オドレミンの副作用として代表的なものは、「かゆい」ということが挙げられます。初めて塩化アルミニウムを利用する場合や、皮膚が弱い体質の場合は、オドレミンを使うと痒みを感じると思います。

また、痒みのほかに皮膚が突っ張った感じ方もいらっしゃると思います。

オドレミンの塩化アルミニウムの濃度は約13%ですが、皮膚が弱い方は少しかぶれることもあります。

まとめると、皮膚に生じるオドレミンの副作用はこちらになります。

  • かゆみを伴う
  • 突っ張る感じ
  • かぶれる場合がある

オドレミン自体に臭いはある?!

ドレミンの臭いはほぼ無臭です。
ですので、オドレミンの副作用で臭いを生じると言うことはまずないと思ってよいです。別の低濃度塩化アルミニウム液のテノール液は、副作用?としてイケていない匂いを発します^^;

オドレミンを使ってみた効果は?!

汗とわきがにオドレミンを使ってみた効果や検証結果ですが、
前日夜の寝る前に塗布をして、次の日1日目にすぐに効果がでました。少し汗がまだ出る感じではありましたが、塗布前と後では脇汗量に大きな違いがありました。

私はどちらかと言うと皮膚は比較的強いのですが、ものすごく軽いかゆみがありましたが、掻きたくなるような痒みではありませんでした。

まとめると

  • 次の日にすぐ効果が表れた
  • 脇の多汗が、気にならないくらいの汗量に
  • ごくごくわずかなかゆみ

1回(1日)塗布でこのような効果が現れました。

 

オドレミンの使用方法、塗布方法は?

に行った塗布の方法は、緑のオドレミンの瓶の口に指を当てて、少しずつ指を濡らす感じにします。その濡れた指を脇にチョンチョンと当てて塗る感じにします。

 

もっと簡単な方法としては、ちょっと豪快ですが、瓶の口を直接脇に当てる方法もおすすめです。

瓶を逆さまにしても漏れないようにピタッとくっつけます。それをそのまま逆さま塗布します^^; そして塗れた脇を指で伸ばす感じにすると、指について無駄になるオドレミン液を極力減らすことができますよ♪

オドレミンの購入はこちらがおすすめです。2本セットですが、送料無料ですのでお買い得です。25mlしか入っていませんので2本セットで購入してもいいと思いますよ^^

 

 

ドレミンよりも確実な効果を得たい場合は、デトランスαをおすすめします。
デトランスαは市販で購入できる1番濃度の濃い塩化アルミニウム液です。かなりの多汗症で長年汗に悩んでいた人もデトランスαで解決したという人もいます。

脇汗の症状がひどい場合は、オドレミンにお金を使うならば、最初からデトランスαの利用をおすすめします。

クリック ⇒【デトランスα】
オドレミンの副作用はかゆいだけ?臭いや効果の検証結果は? 1


オドレミンの副作用はかゆいだけ?臭いや効果の検証結果は? 2

オドレミンの副作用はかゆいだけ?臭いや効果の検証結果は? 3

役立ったら是非シェアを!

気軽にコメントください♪

コメントを入力してください
名まえを入力してください