脇の汗染みの取り方、落とし方について(黄色・茶色・ピンクのシミ対策)

脇の汗染みの取り方

服の脇部分に、黄色・茶色・ピンクの染みができしまった!

この脇汗のシミ、家庭で取ることはできるのでしょうか?黄色はわかるけど、ピンクになる原因はなに?などなどあなたの汗染みについての疑問や取り方、落とし方についてご紹介します。

大切な服も捨てずに済みますね!

知っておこう!そもそも汗染みの原因って?

汗染みの悩みはほとんどが脇のシミだと思いますが、脇にはエクリン腺、アポクリン腺という2種類の汗腺が発達しているところです。

「エクリン腺」からでる汗は水分が多く、「アポクリン腺」から出る汗はタンパク質、脂質、糖分、鉄などが多く含まれます。

汗染みの原因はアポクリン腺の成分!

脇の臭いや脇の汗染みの原因のほとんどは「アポクリン腺」からの汗になります。

「アポクリン腺」は脇や耳、股などの太い毛が生えている部分に集中していて、フェロモンの分泌に関連していると言われています。人間が動物だったころからの名残りでもあるようですね。 そんなんいらんのに!!

「アポクリン腺」からの汗はタンパク質や鉄などを含むために白濁した少し濁った汗です。この汗自体は臭いを発しませんが、脇にいつもいる常在菌と反応して、不快な臭いを発する原因になります。

黄ばみやシミの原因はリポフスチン?

そして、この「アポクリン腺」からの汗には、洋服の黄ばみ(時に茶色)の原因になる、「リポフスチン色素」という色素成分が含まれているんです。

ちょっと脱線しますが、
この「リポフスチン」は肌の老廃物で、老化による肌の黄くすみの原因と分かっていて、「老化色素」とも言われています。

年齢と共にこの「リポフスチン」が増えて、老人の肌のシミや肌色の変化などを引き起こします。

汗腺分泌部にリポフスチンが存在して、アポクリン腺からの汗に含まれてでてくるために、脇の汗染みなどが出来てしまうんですね!


脇の汗染みの取り方、落とし方について(黄色・茶色・ピンクのシミ対策) 1

脇の汗染みの取り方、落とし方について(黄色・茶色・ピンクのシミ対策) 2

脇汗のシミはとれる?取り方、落とし方について

使うものは、セスキソーダ?クエン酸?過炭酸?

落ちるもの

  • 重曹:台所(グリル・シンク・お鍋など)
  • セスキ炭酸ソーダ:換気扇やガスコンロなどの油汚れ
  • 過炭酸ナトリウム:漂白が得意

酸性?それともアルカリ性?

  • 重曹:アルカリ性(弱)
  • セスキ炭酸ソーダ:アルカリ性(中)
  • 過炭酸ナトリウム:アルカリ性(強)

汗の成分は酸性になりますので、それを中和できるアルカリ性のものが必要になってきます。一生懸命、酸性のものに酸性を与えても、何も変化しませんのでご注意!!

上の3つはすべて100均で手に入ります。本当に便利な時代ですね!!

汗染みを取るにはやっぱり過炭酸ナトリウムがおすすめ!

その中でも服の汗染みを取るには、やはり漂白系の【過炭酸ナトリウム】がおすすめです。

他にも過炭酸ナトリウムのおおもとの【オキシドール】を使用されても良いです。オキシドールは薬局に行けばボトルで買えます。オキシドールの場合は、100均のスプレー容器に入れて使うのが使いやすいですね。

過炭酸ナトリウムの場合は、30℃~50℃のぬるま湯に溶かします。それに汗染みを落としたい衣類を付け置きます。脇汗の染みなど部分漬けでも大丈夫です。

付けるだけでも汗染みがましになる場合がありますが、脇部分を歯ブラシやブラシなどでごしごしするのがおすすめです!!この時に、洗濯用洗剤、洗濯用漂白剤などいつも洗濯時に使うものも混ぜると効果的です。

海外のサイトになりますが2:45あたりの歯ブあくラシごしごしが参考になります。

脇の汗染みは取れにくくなる前に小まめにケアを!

脇の汗染みは頑固な汚れの一つです。この汚れも蓄積するとなかなか取れづらくなってきます。

毎日の洗濯の中で、ちょっと過炭酸ナトリウムにつけてから洗濯を回す、過炭酸ナトリウムを洗濯機の中に振りまくといったことをすれば、比較的取れやすいでしょう。

もしも旦那さんの靴下がとっても臭い!!洗っても洗っても毎日臭くなって帰ってくる!という悩みの場合も、過炭酸ナトリウムやセスキ炭酸ソーダを溶かしたお湯に、洗濯洗剤をいれて漬けおくだけで臭いが解消されます。

汗は酸性になりますので、アルカリ性で中和して退治が基本です!!

重曹やセスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウムは100均で手に入りますので、是非試してみてください^^

役立ったら是非シェアを!

気軽にコメントください♪

コメントを入力してください
名まえを入力してください