ファリネの正しい使い方は?使用方法を間違えると効果なし?

手汗に効果がある制汗剤【ファリネ】の正しい使い方についてご紹介します。

化粧品もそうですが使用方法を間違えると効果がないという結果になってしまい、あなたも悪い口コミをする仲間入りとなってしまいます。

正しい使い方を守ってこその【ファリネ】です。

ファリネの正しい使い方(使用方法)について

【ファリネ】のメーカー販売ページの使い方は以下のようになっています。

  • 朝お出かけ前に~朝起きてお化粧をして家を出る時に2パッティングして手に塗ります。
  • 外出先で~もし、外出先で気になったらお手洗いで手を洗うかウェットティッシュで手をキレイ にして塗ります。
  • お休み前に~おやすみ前にファリネを1パッティング。寝る前に手に塗って有効成分を肌の奥まで浸透させていくことで、より汗を抑えるよう作用させます。

ファリネの正しい使い方は?使用方法を間違えると効果なし? 1

塩化アルミニウムの制汗剤も同様ですが、手が濡れている場合や汗をかいてしまっている場合は効果が薄れてしまいます。

重要なのは乾いた状態で使用すること!【ファリネ】のパウダーは直径約0.002mmで、エクリン汗腺の約10分の1以下の超微粒子パウダーです。水気があるとこのパウダーがエクリン汗腺に入りこみづらくなってしまいます。

このように使えば汗止めに一定の効果が見られるのですが、注意について説明したいと思います。

ファリネの使用方法の注意は?

正しい使い方について説明致しましたが、【ファリネ】がそもそも効く症状かどうかも使用方法で注意すべきひとつです。

手汗のレベル3には効かない?

それは、手汗の手掌多汗症のレベルが高すぎる場合、つまり手汗がひどい場合は【ファリネ】では抑えきれない可能性が高いです。

ざっくりと手汗のレベルについてはこちらです。

  • レベル1:手が汗で湿る程度
  • レベル2:手に汗の玉ができる程度
  • レベル3:手から汗が滴る程度

もちろん個人差がありますので、この中間や時と場合によってこのレベルを行き来するということもあると思います。

ちなみに私は常時レベル1以上、レベル2~レベル3の間の時もあります。雨が降っている日や湿度が高い日はレベル0程度なんてこともあります(/・ω・)/

※レベル3の場合は、デトランスαという塩化アルミニウム液をおすすめします。→  デトランスα説明はこちら

 汗が気になる場面で使用する!

使用方法の2番にもあったように、「外出先で気になった時に使う」のがファリネの特徴でもあります。

寝る前に、外出前に塗布するのが基本ですが、一度塗布したらずーっと24時間効果が持続するわけではありません。ここを誤解すると買ってみてあれー?ってなってしまうことになりますので注意してくださいね。

ただ、見た目がオシャレですごく小さいですし、パウダーをつけるパフがくっついていて、ささっとトイレの際などに使うことができます。

カラオケでマイクを回すときに手汗が気になる(あまり行かないと思いますが)ボーリングで手が滑ってしまう時、プレゼン前など、彼氏(彼女)とデート、初対面の人と握手する場面、こんな時があれば予め【ファリネ】を塗っておけば大丈夫ですよ。

※1日中汗を止めたい&皮膚が丈夫な人はデトランスαをおすすめします。→ デトランスα説明はこちら

 

こちらの【ファリネ】公式ページに使い方と汗を抑える仕組み、定期コースについて詳しく書かれています。

ファリネの返金保証つき定期コースの詳細はこちら

役立ったら是非シェアを!

気軽にコメントください♪

コメントを入力してください
名まえを入力してください